脱毛ラボ ヒカリエ

医療レーザー脱毛ならこっそり脱毛できる

 

脱毛ラボ,ヒカリエ,渋谷ヒカリエ前店,店舗,予約,場所,行き方

 

 

医療レーザー脱毛なら、絶縁針脱毛のように毛をある程度伸ばしておく必要がないので、仕事の制服でスカートを履くなど、どうしても普段から肌を露出しなければならない場合でも気づかれずに脱毛することができます。

 

施術直後には赤くなったりすることはありますが、それも数時間も経てば消えるので、問題になりません。外出するときだけ肌に紫外線を浴びないように注意しましょう。

 

 

敏感肌やアレルギー肌でもOK

 

敏感肌やアレルギー持ちの肌の方が自己処理でカミソリや脱毛ワックス、除毛クリームなどを使うと肌の状態が悪化することがあります。それでもムダ毛を放置しておくことはできないので、自己処理を繰り返すと悪循環になってしまいます。そんなときに医療レーザー脱毛なら非接触の脱毛法なので、肌にダメージを与えることなく脱毛できます。

 

医療レーザー脱毛に肌の状態は関係ないので、医療レーザー脱毛後に肌の状態も改善されたという例も多く有ります。

 

 

医療レーザー脱毛後は毛が濃くなる?

 

カミソリで毛を剃ると濃くなるという話を一度は聞いたことがあるでしょう。それは毛を剃ることにより、肌表面で断面が揃ってしまうので、濃く見えるというわけです。実際に毛が太くなっているわけではありませんので、安心して下さい。

 

しかし、ムダ毛処理で肌に負荷をかけると、黒ずんでしまったり、埋れ毛になってしまったりするので、余計濃く見えてしまう可能性も有ります。医療レーザー脱毛を行えば、毛根から根こそぎ処理するので、上記のような悩みからも開放されることになります。

 

 

アレキサンドライトレーザー

 

医療レーザーにも実はいろんな種類のものがあります。医療レーザーは特定の色素に反応する性質を持っているので、その対象が例えば赤い痣治療であれば、赤い色素に反応する医療レーザーを使うことになります。こうして脱毛以外にも医療レーザーの特徴を生かして用いられています。

 

アメリカではアレキサンドライトレーザーとルビーレーザーという2種類の医療レーザーが脱毛用に使われています。アレキサンドライトレーザーよりもルビーレーザーの方が強くメラニン色素に反応する性質があるので、有色人種にはアレキサンドライトレーザーの方が適しているといえます。

 

ちなみに、白人に比べて皮膚のメラニン色素の多い日本人にはアレキサンドライトレーザーが多様されています。しかし、いくらアレキサンドライトレーザーと言えども日焼けした肌に用いると火傷する恐れがあるので、くれぐれも日焼けには注意しましょう。

 

 
ホーム RSS購読 サイトマップ