脱毛ラボ ヒカリエ

とある脱毛専門医の話

 

脱毛ラボ,ヒカリエ,渋谷ヒカリエ前店,店舗,予約,場所,行き方

 

人の気は変わるものです。本当かどうかはわかりませんが、心とはコロコロ気が変わるから心と言うらしいです。なので、永久脱毛を受けている患者さんの気持ちもコロっと変わることがあるらしいです。

 

ある時、アラサーの女性がVIOをツルツルにしたいと言って来院してきたそうです。近年はVIOを脱毛することは珍しいことではないので、驚くことはありません。ちなみに、海外セレブの間ではVIOをツルツルに脱毛することが当たり前になってきています。

 

余談ですが、VIOを医療レーザーでツルツルにすることをハイジニーナ脱毛と言います。ハイジニーナには衛生的という意味があります。毛が生えていない方が経血や排泄物が毛に付着する心配がないので、衛生的だと考えられています。

 

話を戻すと、VIOは毛量がとても多い部位なので、絶縁針脱毛を行うには医師側もかなり気合が必要になります。しかし、施術翌日にその女性から連絡が有り、元通りに治して欲しいといわれたそうです。その理由はツルツルのVIOを旦那に見せたら喜んでもらえると思っていたら、逆に怒られてしまったそうなのです。

 

幸いなことに脱毛は一回では終わらないので大丈夫でした。なぜなら休止期の毛はまだ脱毛していなかったからです。なので、時間が経てば施術時に休止期だった毛が生えてきて、いい感じに間引きされることを伝えたそうです。

 

休止期の毛があって本当によかったですね。

 

また、男の子から電話で相談を受けたことも有ったそうです。その男の子は別の脱毛クリニックで医療レーザーで顔脱毛を行っているらしく、6回施術を受けたところで、丸く毛の薄い箇所ができてしまったとのことでした。

 

最初のカウンセリング時には、全体的にバランスよく薄くなるという話だったのですが、当初の予定と違うことになってしまったので、脱毛を中止したくなりました。そして、その男の子は施術を受けた脱毛クリニックに対して、返金はしなくていいから薄くなってしまった部分を元に戻して欲しいと相談しました。

 

そこで、その脱毛クリニックの医師は元通りなるから大丈夫と言ってきたらしいのです。なので、それは本当かどうか電話で問い合わせてきたというわけでした。しかし、相談を受けた医師はどうして丸く薄くなったのか見当が付いたので、心配ないと答えたそうです。

 

人の気持ちはコロコロ変わるものなので、医師側もそれを理解した上で治療することが大切だということですね。

 
ホーム RSS購読 サイトマップ