脱毛ラボ ヒカリエ

悪質な脱毛エステの体験談

 

脱毛ラボ,ヒカリエ,渋谷ヒカリエ前店,店舗,予約,場所,行き方

 

過去にこのような患者さんがいたそうです。

 

当時のエステの脱毛は電気脱毛(ニードル脱毛)が主流でした。その患者さんはエステの電気脱毛(ニードル脱毛)に毎回痛みと戦いながら2年間通い、施術後1〜2週間は施術箇所がヒリヒリしたり、火傷みたいな跡が数ヶ月消えなかったこともあったそうです。

 

そして、2年通っても脱毛は終了しないので、毎回起こる肌トラブルが嫌になったのだそうです。それから、毎回施術スタッフが代わり、そのスタッフによって痛みや施術時間もバラバラだったそうです。それでも1時間単位で払う費用は同じでした。そうやって全部で100万円近い金額を払ったと言います。

 

その患者さんはその2年で多少はムダ毛が減ったので、残りは病院で最後まで脱毛を行いたいとのことでした。しっかりキレイになるまで脱毛しないと、今まで何のために通っていたのかわからなくなってしまうからだそうです。

 

その患者さんは高いお金を払って、2年もエステに通ったのにムダ毛も減らなくてかなり悔しかったと言います。しかし、エステに通い続けてしまった自分も悪いので、病院でしっかりキレイになるなら高い勉強代を支払ったと思って諦めるとのことでした。

 

多分、当時このような思いをした方は多くいたでしょう。被害を受けても相手を訴えることはせず、自分の無知や行動を責めて泣き寝入りしてしまうのです。

 

人を騙すくらいなら騙された方が良いと考える風潮があることも泣き寝入りする人を増やしていると言えるでしょう。そういった悪質なエステが存在し続けていられるのも、大声で被害を訴えるお客さんがいないからなのです。

 

現在はそのような悪質なほとんどないようですが、多くの方はエステに通えばきれいになれると思い込んでいるのも事実です。脱毛エステ選びはしっかりと情報収集を行った上で決めた方が良さそうです。安全性を優先するなら、脱毛クリニックを選ぶことも検討した方がいいでしょう。

 

ちなみに、現在は電気脱毛(ニードル脱毛)は一部を除いてほとんどの脱毛エステでは行われておらず、光脱毛(フラッシュ脱毛)が主流になっています。また、脱毛クリニックなら電気脱毛(ニードル脱毛)と医療レーザー脱毛の二つが行われています。

 

どちらも永久脱毛効果が得られますが、電気脱毛(ニードル脱毛)の方が効果は高いといえます。特に毛深いという方は電気脱毛(ニードル脱毛)を選んだ方がいいかもしれません。ただ、電気脱毛(ニードル脱毛)は医療レーザー脱毛よりも痛みが強いので、そのあたりは要勘案です。

 
ホーム RSS購読 サイトマップ